名無し34歳の自分語り

妊娠~出産~子育てに関する備忘録です

産後と仕事復帰直後にケアが欲しかった

note.mu 試しにnoteを始めた。他のnoteも少し読んでみて、毒親の悩みなどは割と平凡で、独自性に欠けた、単なる自己満足のつぶやきと反省した。 人の命は平等ではなく、ほぼ「運」だけで決まっている。「人生40年論」より前に、だいぶ前から考えていた持論だ…

カメラテクは出産前に磨くべき

子どもはあっという間に成長する。出産直後は写真を撮るという行為すら思いつかず、思い出してからiPhoneで撮ったがベストショットは撮れず。仕事を借りたP10/P10 Plusを使って初めてカメラの性能自体が悪かったと気づく。そして、検討の末、デジカメ(ミラ…

2人目まだ? と言われない

子どもを出産した当日から後悔した。どうして子どもが欲しいなどと不相応なことを願ったのだろう。そして日に日に増していく夫への不満。すでに気づいていたズレが露呈し、もう我慢しきれないレベルに達した。妊娠直前・直後のお花畑ぶりが懐かしい。運が良…

育休開始日に出産

産前産後休業を取得するために稟議書を提出しなければならず、迷った末、産休開始日を「11月11日」とした。実際は10月いっぱいで出社を取りやめ、その後は、有給休暇としていた。歯医者や買い物に行き、嫌な予感を感じて通勤定期を払い戻した。その予感は的…

変わらぬ日常

「つわり」をはじめとする妊娠時の不快な症状・トラブルは、ほとんどは「個人差」として片付けられてしまう。「妊娠は病気ではない」という慣用句の真の意味は、病気ではないので特効薬はなく、身体や精神を休め、やり過ごすしかないだそうだ。しかし、現実…

産科は足りているのか

市内には、分娩を取り扱っている産婦人科は、2014年8月現在、4軒しかない。首都圏は、東京都心の一部エリアを除き、分娩施設不足のようだ。最近は、個人病院の産科廃止と、地域の中核病院の分娩取り扱い休止が多い。前者は医師の高齢化や人手不足、後者は地…

性別判明

産婦人科の受診記録(妊婦健診)の続きです(第1回・第2回)。妊娠中期(5~7か月)は、トラブルが発生しなければ、診察の間隔は3週間に1回です。 2014年7月2日(水):妊娠19週目/自費診療(1670円)+補助券3000円 ※便秘薬処方 予約時に、次回検査は、専門…

不快なつわり、治らない味覚異常

当初、つわりの諸症状が解消したら、振り返って書こうと考えていたが、妊娠7か月目に入った今も、解消する気配がないため、忘れないうちにまとめておこうと思う。正しくは、すでにだいぶ忘れてしまった。 一般的なつわりとは少し違い、世間一般では「軽い」…

自分の車が欲しい

話すと長くなるため、簡単に説明する。ずっと、実家の自動車を購入したディーラーで自分名義の普通車を欲しいと思っていた。振り返ると、消費税増税前は安く買うチャンスだったが、迷っているうちに過ぎてしまった。 実家の車の名義人だった父親が亡くなった…

一人で育てる覚悟がなければ、子どもは産んではならない

妊娠後、不眠(早朝覚醒)の傾向が強まっていたが、今週は特にひどかった。空腹感と不安感が原因で、朝早くに目が覚めてしまい、軽くて食べ、気持ち悪さを感じながら、ネットを見て、日によっては仕事を進めた。つわりによる不快な諸症状は収まらない。むし…

痩せすぎ、働き過ぎを指摘される

産婦人科の受診記録(妊婦健診)の続きです。初期から中期にかけ、トラブルが発生しなければ、診察の間隔は3週間に1回です。 2014年5月17日(土):妊娠12週目/自費診療+補助券(妊婦健診第2回)※便秘薬処方 初対面の非常勤の医師に、開口一番、「痩せ過ぎ…

「赤ちゃん本舗」閉店セールで買い物

妊娠判明直後に、地元の「赤ちゃん本舗」が閉店すると知った(2014年5月閉店)。閉店する直前に何度か店を訪れ、閉店セールで、下着など、5割引~3割引のアイテムをいくつか買った。実際に必要な時期になって使わない可能性が考えられるため、基本的なものに…

毒親の悩み

妊娠したら、誰にどのように伝えるべきか。 フィクションなどでは、夫に黙って病院に行き、診断結果を聞いた後、数日経ってから伝えて驚かすというシーンが多いが、自分の場合、妊娠検査薬の結果がわかった時点で伝え、一緒に産婦人科に行った。超音波検査の…

出産予定日確定~初回妊婦検診まで

産婦人科の受診メモです。検診費用のまとめはこちら(予定)。 2014年3月17日頃: 寒気を感じる。 2014年3月21日(祝): 微熱が続き、寒気と疲れが取れないので、日帰り温泉に行くが、入浴中も改善せず、おかしいと気づく。その日はいつもより短い時間しか…

なぜ、「はてなブログ」を選んだのか

「はてなブログ」を選んだ理由は、「はてな」の影響を受けて、考え方が変わったから。 子どもをもつか、もたないか、真剣に考えるようになったきっかけは、社内で産休・育休を初めて取得した同僚の第二子の妊娠報告でした。実名と紐付いているブログ、Twitte…

はじめに

独自ドメインでブログを運営していますが、そちらは実名のTwitterと紐付いてるため、プライベートな話に絞った「はてなブログ」を新たに立ち上げることにしました。 妊娠~出産~子育てのステップのうち、少子化対策として、多くの人に知ってもらうべきは、…